日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社
下野国一宮
IMG_1155

宇都宮市の二荒山神社との区別のために地名を付して「日光二荒山神社」と称される
どちらも、下野国一宮
2つの神社は祭っている神様も違うし、読み方も以下のように違います
日光二荒山神社・・・ふたらさんじんじゃ
宇都宮二荒山神社・・ふたあらやまじんじゃ

IMG_1163
親子杉 神門近く

IMG_1166夫婦杉 神門近く
とにかく杉だらけ
これだけでも、パワーを貰える感じがします

現在の本社や社殿は元和5年(1619年)2代将軍、徳川秀忠によって造営されたもので、日光山内の中では最古の建物で平成11年12月に世界文化遺産に登録されました

主祭神は次の3柱
父 男体山(二荒山) 大己貴命(おおなむちのみこと)
母 女峯山 田心姫命(たごりひめのみこと)
子 太郎山 味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)
それぞれ日光三山の一山にあてられている

IMG_1158
阿吽の狛犬に良縁

IMG_1162
拝殿


神苑にも行ってみました
入場料金  大人:200円、小中学生:100円
sinnenn

IMG_1168

IMG_1172
樹齢約550年の大木となるご神木が伐採され、そのご神木の幹の中を一般参拝者がくぐれるように開放されています

IMG_1174
「神苑」の奥には日光の霊水「二荒霊泉」があり「お水取り」が出来ます
知恵がつき、目の病気に効き、若返ると言われる、以下のような3種類の不思議なパワーを得られるお水があります

IMG_1184


IMG_1183

IMG_1185

IMG_1181
御神木

s-IMG_3736
外国人向けのお賽銭
観光客が多いだけに対応が早いですね

境内の広さは、3400ヘクタールもあり伊勢神宮に次ぐ日本で2位言われる
周囲は杉の巨木に囲まれていて、華厳の滝、いろは坂、重要文化財の神橋、日光連山(男体山・女峰山・赤薙山・太郎山・大真名子山・子真名子山・前白根・奥白根)の8峰も含まれます
IMG_1228


日光二荒山神社 下野国一宮
主祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)
女峯山 田心姫命(たごりひめのみこと)
太郎山 味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)


日光散策まとめ

〒321-1431 栃木県日光市山内2307




全国 一之宮