800年の歴史を刻む源氏の氏神様
朝、早く起きて鎌倉に9時に到着
門前町の小町通りは、ちらちらお店が開いてました

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社
旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社
IMG_0967
(太鼓橋 10mの宮橋、立ち入り禁止)

別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれる
武家源氏、鎌倉武士の守護神
鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では関東方面で知名度が高く、近年では三大八幡宮の一社に入ることがある
IMG_0969
(手前が舞殿・奥が本宮)
舞殿では静御前が、義経に愛の気持ちを舞ったと言われる

現在の祭神は以下の3柱。「八幡神」と総称される
応神天皇 (おうじんてんのう) 第15代天皇
比売神 (ひめがみ)
神功皇后 (じんぐうこうごう) 第14代仲哀天皇の妃、応神天皇の母
IMG_0973

6824933
(八の文字が鳩になっています、神紋は鶴の丸になっています)
89174366_624
昔から、ハトとの関りが深かったようで
鎌倉と言えば、豊島屋の鳩サブレーが有名ですが
豊島屋の公式HPに面白い話があったので、興味のある方はどうぞ

八幡宮は鎌倉をはじめ、大分の「宇佐神宮」や京都府の「石清水八幡宮」など日本に数カ所点在していますが、これらの八幡宮を移動させる際に、鳩が道案内をしたという歴史があるそう

その後、“八幡さまのお使い”として由比ヶ浜から今の場所に遷した際にも、鳩が道案内をしてくれたのかもしれません

また、鎌倉幕府時代の武将は、戦での勝運を呼ぶ鳥として鳩の絵柄を家紋に使い、八幡信仰が栄えて全国に広まったとも言われているそう
「源平盛衰記」や「太平記」などの軍記物には、鳩が出陣に際して勝利の鳥としても数多く記されています

参拝後、御朱印を頂きました
IMG_1073

そうそう、参道は目の錯覚を利用して作られているので、是非とも歩いて頂きたい
IMG_0977



鶴岡八幡宮 相模國一之宮
主祭神
応神天皇
比売神
神功皇后

所在地 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1番31号



今回の相模国巡りまとめ